お金の増やし方について

お金の増やし方について

お金の増やし方について

お金は何もしなければ、増えていきません。タンス預金していても利息も何も付かないので勿体ないです。私はお金を定期預金にしたり国債を購入したりして資産運用しています。実際私がやっているお金の増やし方ついて書いていこうと思います。

お金を銀行に預けると、タンス預金よりはいいですが、普通預金だと少しの利息しか付きません。いつでも引き出せるのはいいですが、まとまったお金が急に必要でない時は定期預金に預けるといいです。金利は銀行によっても違うので銀行選びも重要です。また銀行でキャンペーンを行ってる時期があります。普通の時より金利が高いのでその時にお金を預けるのがおすすめです。ボーナス時期がねらい目です。銀行のホームページをこまめにチェックしてるといいと思います。私はいつもキャンペーンの時期に定期にしています。また退職金の優遇金利というのをやってる銀行も多いです。退職者が対象ですから会社を退職されて退職金をもらった方はそれを利用するといいと思います。はるかに金利が高いです。またこれとファンドを組み合わせると、4%の金利を付けている銀行もあるようです。私の夫は4年前に退職したので退職金の優遇金利を利用しました。半年で4万ほどの利息が付きました。今考えると高い金利だったと思います。

定期預金以外でのお金の増やし方として国債を購入するということもやっています。利付国債と個人向国債を購入して持っています。利付国債はあらかじめ金利が決まっていますが、個人向国債10年満期の物は変動金利です。市場の金利が高ければ高い利息がもらえますし、市場の金利が低ければ少しの利息しかもらえません。金利は新聞などでチェックしています。また少しリスクがありますが、仕組預金という定期にもお金を預けています。途中解約できないなどのリスクがある分、金利が高いです。途中解約すると元本割れするので途中解約しないように余裕資金で預けるのが原則です。私はこのような形で資産運用しています。

Copyright (C)2017お金の増やし方について.All rights reserved.